Home Tags Utada Hikaru

Tag: Utada Hikaru

Hikaru Utada - Play A Love Song

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – Play A Love Song 歌詞

Play A Love Song 歌詞 - 宇多田ヒカル (Utada Hikaru) 「サントリー 南アルプススパークリング」CMソング アルバム/ Album: Play A Love Song - Single 作詞/ Lyricist: 宇多田ヒカル 作曲/ Composer: 宇多田ヒカル 発売日/ Release date:...

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – Don’t Think Twice 歌詞

Don't Think Twice 歌詞 宇多田ヒカル (Utada Hikaru) アルバム/ Album: Face My Fears - EP ゲームソフト / Game: KINGDOM HEARTS III ED テーマソング | theme song 作詞/...
宇多田ヒカル Utada Hikaru - 初恋

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – 誓い 歌詞

誓い 歌詞 宇多田ヒカル (Utada Hikaru) - ゲームソフト「KINGDOM HEARTS III」テーマソング アルバム/ Album: 初恋 作詞/ Lyricist: 宇多田ヒカル 作曲/ Composer: 宇多田ヒカル 発売日/ Release date: 2018/6/27 Language: 日本語/ Japanese 宇多田ヒカル - 誓い KANJI LYRICS 運命なんて知らない けどこの際 存在を認めざるを得ない 本当にこんな私でもいいの ねえいいの あんまり期待させないでほしいよ 今日という日は嘘偽りのない 永遠の誓い日和だよ 綺麗な花も証人もいらない 同じ色の指輪をしよう 悔しくて仕方がない ダサいくらいしがみついたまま 眠りたい 毎日 約束はもうしない そんなの誰かを喜ばすためのもの 今言うことは受け売りなんかじゃない 約束でもない 誓いだよ 嘘つきだった僕には戻れない 朝日色の指輪にしよう 胸の高鳴りを重ねて踊ろうよ 今を生きることを祝おうよ たまに堪えられなくなる涙に これと言って深い意味はない ただ昔を突然思い出し(ああ泣きたい) 開かれたドアから差し込む光 これからもずっと側にいたい 選択肢なんてもうとっくにない 今日という日は過去前例のない 僕たちの誓い日和だよ 綺麗な花も証人もいらない 同じ色の指輪をしよう Kiss...
Nariaki Obukuro (小袋成彬) - Lonely One

小袋成彬 – Lonely One (feat. 宇多田ヒカル) 歌詞

Lonely One (feat. Utada Hikaru (宇多田ヒカル)) 歌詞 小袋成彬 (Nariaki Obukuro) アルバム/ Album: Lonely One feat. 宇多田ヒカル - Single 作詞/ Lyricist: 作曲/ Composer: 発売日/ Release date: 2018年1月17日 Language: 日本語/ Japanese 小袋成彬...
Utada Hikaru - あなた - Single

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – あなた (Anata) 歌詞

あなた 歌詞 宇多田ヒカル (Utada Hikaru) アルバム/ Album: あなた (Anata) Single 作詞/ Lyricist: Utada Hikaru 作曲/ Composer: Utada Hikaru 発売日/ Release date: 2017/12/08 Language: 日本語/ Japanese 宇多田ヒカル - あなた KANJI LYRICS あなたのいない世界じゃ どんな願いも叶わないから 燃え盛る業火の谷間が待ってようと 守りたいのはあなた あなた以外なんにもいらない 大概の問題は取るに足らない 多くは望まない 神様お願い 代り映えしない明日をください 一日の終わりに撫で下ろす この胸を頼りにしてる人がいる くよくよなんてしてる場合じゃない Oh ただの数字が特別になるよ あなたと歩む世界は 息を飲むほど美しいんだ 人寄せぬ荒野の真ん中 私の手を握り返したあなた あなた以外なんにもいらない 大概の問題は取るに足らない 多くは望まない 神様お願い 代り映えしない明日をください 戦争の始まりを知らせる放送も アクティヴィストの足音も届かない この部屋にいたい もう少し Oh 肌の匂いが変わってしまうよ あなたの生きる時代が 迷いと煩悩に満ちていても 晴れ渡る夜空の光が震えるほど 眩しいのはあなた あなた以外思い残さない 大概の問題は取るに足らない 多くは望まない 神様お願い 代り映えしない明日をください 何度聞かれようと 変わらない答えを 聞かせてあげたい なんと言われようと あなたの行く末を 案じてやまない 終わりのない苦しみを甘受し Darling 旅を続けよう あなた以外帰る場所は 天上天下 どこにもない 宇多田ヒカル...
宇多田ヒカル (Utada Hikaru) - 大空で抱きしめて

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – 大空で抱きしめて 歌詞

大空で抱きしめて 歌詞 宇多田ヒカル (Utada Hikaru アルバム/ Album: 大空で抱きしめて - Single 作詞/ Lyricist: Utada Hikaru 作曲/ Composer: Utada Hikaru 発売日/ Release date: 2017年7月10日 Language: 日本語/ Japanese 宇多田ヒカル - 大空で抱きしめて KANJI LYRICS 晴れた日曜日の改札口は 誰かを待つ人たちで色づき始め 今日はどこか遠くへ行きたい気分 空の見える場所へ 雲の中...
Utada Hikaru - Forevermore

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – Forevermore 歌詞

Forevermore 歌詞 宇多田ヒカル (Utada Hikaru) アルバム/ Album: Forevermore - Single (ドラマ「ごめん、愛してる」主題歌) 作詞/ Lyricist: 宇多田ヒカル 作曲/ Composer: 宇多田ヒカル 発売日/ Release date: 2017年7月28日 Language: 日本語/ Japanese 宇多田ヒカル - Forevermore KANJI LYRICS 確かな足取りで家路に着く人が 溢れる大通りを避けて 壊れたイヤフォンで耳を塞ぎながら あなたの名を呟きかけた あなたの代わりなんて居りゃしない こればかりは裏切られても変わらない 愛してる 愛してる 薄情者な私の胸を こうも絶えず締め付けるのはあなただけだよ Oh oh,...
Utada Hikaru - Fantome

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – 桜流し 歌詞

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) - 桜流し 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS 開いたばかりの花が散るのを 「今年も早いね」と 残念そうに見ていたあなたは とてもきれいだった もし今の私を見れたなら どう思うでしょう あなた無しで生きてる私を Everybody finds love In the end あなたが守った街のどこかで今日も響く 健やかな産声を聞けたなら きっと喜ぶでしょう 私たちの続きの足音 Everybody finds love In the end もう二度と会えないなんて信じられない まだ何も伝えてない まだ何も伝えてない 開いたばかりの花が散るのを 見ていた木立の遣る瀬無きかな どんなに怖くたって目を逸らさないよ 全ての終わりに愛があるなら ROMAJI Hirai ta bakari no hana ga chiru no o 'kotoshi...
Utada Hikaru - Fantome

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – 俺の彼女 歌詞

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) - 俺の彼女 歌詞 Lyrics 宇多田ヒカル - 俺の彼女 KANJI LYRICS 俺の彼女はそこそこ美人 愛想もいい 気の利く子だと仲間内でも評判だし 俺の彼女は趣味や仕事に干渉してこない 帰りが遅くなっても聞かない 細かいこと あなたの隣にいるのは 私だけれど私じゃない 女はつらいよ 面倒と思われたくない 俺の彼女は済んだ話を蒸し返したりしない クールな俺は敢えて聞かない 余計なこと あなたの好みの強い女 演じるうちにタフになったけど いつまで続くの? 狐と狸の化かし合い 本当に欲しいもの欲しがる勇気欲しい 最近思うのよ 抱き合う度に カラダよりずっと奥に招きたい 招きたい カラダよりもっと奥に触りたい 触りたい Je veux inviter quelqu’un a entrer Quelqu’un a trouver ma verite Je veux inviter quelqu’un a...
Utada Hikaru - Fantome

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) – 人魚 歌詞

Utada Hikaru (宇多田ヒカル) - 人魚 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS 不思議とこの場所へ来ると あなたに会えそうな気がするの 水面に踊る光に誘われて ゆっくりと靴紐解くの シルクのブラウスが濡れるほど 黄昏が胸の奥 滲んでしみる 水面に映る花火を追いかけて 沖へ向かう人魚を見たの 真珠のベッドが揺れる頃 あなたに会えそうな気がしたの ほら ほら 東の空から聴こえる ほら ほら ララララ ララララ ルルルル ほら ほら まだ 帰れぬ ROMAJI Fushigi to kono basho e kuru to anata ni ae sō na ki ga suru no suimen ni odoru...