Home Tags TK from Ling tosite sigure

Tag: TK from Ling tosite sigure

TK from 凛として時雨 - P.S. RED I - Single

TK from 凛として時雨 – moving on 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling Tosite Sigure) - moving on アルバム/ Album: P.S. RED I - Single 作詞/ Lyricist: TK 作曲/ Composer: TK 発売日/ Release date: 2019年3月6日 Language: 日本語/...
TK from 凛として時雨 - P.S. RED I - Single

TK from 凛として時雨 – P.S. RED I 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling Tosite Sigure) - P.S. RED I アルバム/ Album: P.S. RED I - Single 作詞/ Lyricist: TK 作曲/ Composer: TK 発売日/ Release date:...
TK from Ling tosite sigure - white noise

TK from 凛として時雨 – invalid phrase 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling tosite sigure) - invalid phrase 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS 早回しした音の波に 連れ去られた聴感覚 微かに鳴る音が僕の身体を揺らす 静けさの奥で どれだけのフレーズ抱き締めたかな 抱えきれなくて 溶けてなくなった 失くすことにまだ慣れてないから 時間を戻そうとした 記憶の世界がやけに鮮やかな残響を残して 何を思えば良い 神様が僕をバラバラにして 1つずつ 1つずつ食べていくよ 何もかも奪われて途絶えても 覚えてるあの感触 覚えてる何もかも 思い出すあの感動を 覚えてる いつまでも invalid phrase どれだけの真実を抱き締めても その先にある遠い遠い夢を見てた 微かに見える ぼやけた残像に輪郭を思い出して 叫びたくなった 鮮やかな未来を失くすことにまだ慣れてないから 自分を戻そうとした 昨日までのノイズがやけに鮮やかな残像を残して背中が見えなくなった 神様が僕をバラバラにして 1つずつ 1つずつ食べていくよ 何もかも奪われて途絶えても 覚えてる? invalid truth invalid phrase 神様が僕をぐちゃぐちゃにして 少しずつ 少しずつ食べていくよ 何もかも奪われて途絶えても 覚えてるあの感触 覚えてる何もかも 思い出すあの感動を 覚えてる いつまでも invalid phrase ROMAJI Haya mawashishi ta oto no nami...
TK from Ling tosite sigure - white noise

TK from 凛として時雨 – 罪の宝石 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling tosite sigure) - 罪の宝石 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS ヘッドライトが交差する 道で僕は動けずに ぎこちなく聞こえる ウインカーの音に気持ちが消えてく 頭の中には 触りたくも無い 罪の宝石 いつのことだろう からっぽにしたいのは いつのことだろう 雨が降り出したら 僕を忘れてくれないか コンクリートに弾けて 僕を忘れてくれないか 心の中には 思い出したくも無い 罪の宝石 いつのことだろう からっぽにしたいのは いつのことだろう 罪の宝石 いつのことだろう からっぽにしたいのは 誰のことだろう ROMAJI Heddoraito ga kōsa suru michi de boku wa ugoke zu ni gikochinaku kikoeru uinkā no...
TK from Ling tosite sigure - white noise

TK from 凛として時雨 – like there is tomorrow 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling tosite sigure) - like there is tomorrow 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS いつもより強くなった僕は 誰の痛みも感じないんだ 鼓膜に届かない太陽 それでも明日は来るって 近ければ近いほどに透き通ってしまうから いつもより弱くなった僕は 初めて息をする様な ふとした傷口の合図 初めて心に映った 窓のない汽車の中で 景色を見上げた 無重力手に入れて 大切なもの達が遠く 遠くへ浮かんだ tomorrow あたりまえの愛は浮遊して 今より届かなくなって 分かりきってることだろう tomorrow まさかね like there is tomorrow なにひとつ失くさない様な 当たり前の奇跡に寄りかかった僕は たったひとつも抱きしめられずに ROMAJI Itsumo yori tsuyoku natta boku wa dare no...
TK from Ling tosite sigure - white noise

TK from 凛として時雨 – Showcase Reflection 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling tosite sigure) - Showcase Reflection 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS 無数のメロディと物語が 並べられた波形のショーケースで 掴みきれない自分の本性さえも 12cmの反射で描いた Human Reflection 誰かの為なんかじゃないよ 僕が僕を切り刻むのは play back play back 角度を変えて 僕らはkissする 衝撃の密会 足りない 物足りない 聴こえてない 届いてないよ 名前のない喪失感をたまに君のせいにしてしまうけど まだ足りない 物足りない 響いてないよ 宙に浮いたノイズを鮮やかな照明でまた照らすから 誰かの鼓膜に潜り込んで 異常な妄想掻き立てても 覗かれてるのは僕の方さ 君の宇宙は奪えないかな Showcase Reflection play back play back 角度を変えて 僕らはkissした ありふれた衝撃がキセキテキ? 並べられたアイデンティティー もっと入り込んで来て 戻れもしない奥の奥の方まで 無二の一? 無数の1? 効き飽きた詩 エクスタシーの共鳴が僕の反射に囁くんだ まだ足りない 物足りない 響いてないよ 宙に浮いたノイズを鮮やかな照明でまだ照らすから ROMAJI Musū no merodi to monogatari ga narabe...
TK from Ling tosite sigure - white noise

TK from 凛として時雨 – Secret Sensation 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling tosite sigure) - Secret Sensation 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS 誰にも見えないダンスフロア 鳴り響くのは無音のDJ かすかに漏れ出した無色のレーザー もしも見えたならここにおいで 光の粒が乱舞して 静けさを切り裂いて逃避する 誰にも言えない秘密も傷に沿って針を落としてごらん 叫び出したDiscord Secret Sensation 答え探しの迷宮に答えは無いから ここにおいで 暗闇だけが魅せる光があるから Secret Disco Secret Discord 秘密のSensation 地図から消えたこの場所に 散りばめられた命のサイレン 光の粒が乱舞して 静けさを切り裂いて逃避する 誰も踊らないダンスフロアで 鮮やかな革命が響きだす 意識が壊れるその目の前が リズムとプリズムに包まれたら 夢幻の入り口なんだ すべてが逆さまに落ちてくる 届かなくなった夢も 殺した風景も すべてが逆さまに落ちてくる 濃厚な接触 拘束の浮遊に身体が麻痺する 狂ってしまえばいいよ この叫びだけが君の答えになるなら ここにおいで 暗闇だけが魅せる世界があるから Secret Disco Secret Discord 秘密のSensation 早く辿り着いて ROMAJI Dare ni mo mie nai dansu furoa narihibiku...
TK from Ling tosite sigure - white noise

TK from 凛として時雨 – white out 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling tosite sigure) - white out 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS 白く染められたこの街で 君は僕を探している 溢れるほどの失くしたものを持って それでも僕を探している 悲しみのないさよならがあるって 孤独に染まらない寂しさがあるって 気付かないなら きっとそれがいいよ 小さな雪が僕を隠した 白く染められたこの街で 君は僕を探している 隠された地面の片隅に あの日のままの足跡があった 悲しみのないさよならがあるって 孤独に染まらない寂しさがあるって 気付いたんだろう 幻の時間に 小さな君を雪が隠した この地面はいつか 僕の記憶と化して 剥がせない呼吸 染み付いた細胞になる 僕もいつか白く染められて 曖昧な細胞が 君と記憶に乱反射する 白く汚れた細胞の中で 僕がまるで君を探しているみたいだ 悲しみのないさよならの中に 掴めないほど小さな涙が零れているのを 僕は知らなかった 壊れているのを君は知ってたんだ 僕の両手は白く染まり...
TK from Ling tosite sigure - white noise

TK from 凛として時雨 – Addictive Dancer 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling tosite sigure) - Addictive Dancer 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS どこか遠くへ僕を連れて行って 冷えた蝋燭が濁って動かなくなってしまったようだ 凝り固まった視線も共感もトランクに詰めて燃やしてくるから Addicted to my noise Addicted to my fake 抜け出さなくちゃ どこか遠くへ僕を連れて行って 先入の感覚が僕に散蒔かれたんだ 蒼くスローモーションな雲を追い越せるあの瞬間に 時間が透明に変わる 僕は虚空の支配者さ 溶けて 溶けて 溶けて 僕は0になれた 経験と答えが僕を鈍らせる 探して 探して 「らしさ」の錯覚に堕ちた 研ぎ澄まして 分かったふりして また濁っていく Addicted to my noise Addicted to my...
TK from Ling tosite sigure - white noise

TK from 凛として時雨 – dead end complex 歌詞

TK from 凛として時雨 (Ling tosite sigure) - dead end complex 歌詞 Lyrics KANJI LYRICS 勝負の狭間でいつも逃げる 敗北者の性に もう うんざりだよ 数えきれない逃げ道を愛してる I II 今砕け散れよ III IV でもやっぱり怖い? 生涯dead endでdancing 失くすもの1mmも無い癖にさ 恐怖の狭間でいつも逃げる 敗北者のenvy 横目に映る挑戦者の美しさが怖い I II 今砕け散れよ III IV でもやっぱり怖い? 生涯dead endでdancing 逃げ隠れた堕落が手にした空虚の支配 しがみついて 守って 抱え込んだ 埃にまみれたプライドなんか 君を守ってはくれないよ 君を創ってはくれないよ 苦しみから逃げてもっと苦しくなった 勝負の狭間でいつも逃げる 敗北者の性に もう うんざりだよ 数えきれない逃げ道を透明にして I II 今砕け散るよ III IV もう逃げ道はない dong dong dong 裸になれば 乾いた意識が君を解き放つ 狂気のない答えに興味はないから 現れるのは「不可能」のリフレイン 生命という空白の密室で捕らえられた君にも生み出せるものがある 壊して 意味の無い透明な壁を 満たして カラカラに乾いた欲望を 奇跡じゃないありのままの君の姿を 意識じゃない剥き出しの衝動と感覚を 触って 逃げ隠れたあの日の劣等を 捕らえて もう自分に隠れないで 奇跡じゃないありのままの君の姿を 意識じゃない剥き出しの衝動と感覚を ROMAJI Shōbu no hazama de itsumo...