amazarashi - 空に歌えば

月光、街を焼く 歌詞 amazarashi

アルバム/ Album: 空に歌えば – Single
作詞/ Lyricist: 秋田ひろむ
作曲/ Composer: 秋田ひろむ
発売日/ Release date: 2017/9/6
Language: 日本語/ Japanese

amazarashi – 月光、街を焼く KANJI LYRICS

カーテンから漏れる月明り
それを頼りに書く手紙
今生さらばと結ぶなら
別れの手紙のはずでした

色々あったの色々を
未練がましく箇条書き
私の歴史を知る旅路
ペンを銃器に見立てては

乱射する空想は実感をかすり
あるいは誰かに命中し
都市では空が炎上し
冷笑じみた街に高笑い

逃亡の日々がはじまって
ついには追い詰められた僻地で
自由を振りかざした僕は
発砲された自由に殺される

閉じた目 冷めた目
触れた手 それだけ
この旅程  どれだけ
この夢 仮初め

世界を 燃やして
燃やして 燃やして
あまだれ 逃げ出せ
逃げ出せ 逃げ出せ

amazarashi – 月光、街を焼く ROMAJI

Kāten kara moreru tsuki akari
sore o tayori ni kaku tegami
konjō saraba to musubu nara
wakare no tegami no hazu deshi ta

iroiro atta no iroiro o
mirengamashiku kajō gaki
watashi no rekishi o shiru tabiji
pen o jūki ni mitate te wa

ransha suru kūsō wa jikkan o kasuri
aruiwa dare ka ni meichū shi
toshi de wa sora ga enjō shi
reishō jimi ta machi ni takawarai

tōbō no hibi ga hajimatte
tsuini wa oitsumerare ta hekichi de
jiyū o furikazashi ta boku wa
happō sare ta jiyū ni korosareru

toji ta me same ta me
fure ta te soredake
kono ryotei dore dake
kono yume kari hajime

sekai o moyashi te
moyashi te moyashi te
ama dare nigedase
nigedase nigedase

RECOMMENDED LYRICS