島茂子 - 戯言

菖ごころ 歌詞 島茂子 (Shigeru Joshima)

アルバム/ Album: 戯言 – Single
作詞/ Lyricist: Kaoru
作曲/ Composer: 島茂子
発売日/ Release date: 2018/05/16
Language: 日本語/ Japanese

島茂子 – 菖ごころ KANJI LYRICS

風に揺られて、
想い焦がれて、
求め続けて

この八橋で、
皐月に抱かれ、
貴方の瞳、
映りたいから…

まるで花かるた、
浮き世の泡沫(うたかた)
手繰(たぐ)り寄せて、
夢見させて、心、燃えさせて

いつか詠まれてた、
あの詩のように、
惹かれるなら、
どうぞ戻りなさい、
馴染んだ唐衣(からぎぬ)の元へ

一人で眺めた景色
変わりゆくこの景色
川のほとり一松(ひとつまつ)の下で
わたし

風に揺られて、
待ち続けます、
また咲く日まで
梅雨の香りで、
思いだしてね、
貴方の心、移りたいから…

島茂子 – 菖ごころ ROMAJI

kaze ni yurarete,
omoi kogarete,
motometsuzukete

kono Yatsuhashi de,
satsuki ni idakare,
anata no hitomi,
utsuritai kara…

marude hana karuta,
ukiyo no hōmatsu( utakata)
Taguri( ta gu) ri yosete,
yumemi sasete, kokoro, moesasete

itsu ka yomareteta,
ano shi no yō ni,
hikarerunara,
dōzo modorinasai,
najinda Karagoromo( kara gi nu) no moto e

hitori de nagameta keshiki
kawariyuku kono keshiki
kawa no hotori Ichimatsu( hito-tsu Matsu) no moto de
watashi

kaze ni yurarete,
machitsuzukemasu,
mata saku hi made
tsuyu no kaori de,
omoidashite ne,
anata no kokoro, utsuritai kara…

RECOMMENDED LYRICS