RADWIMPS - ANTI ANTI GENERATION

TIE TONGUE 歌詞 RADWIMPS (feat. Miyachi, Tabu Zombie)

アルバム/ Album: ANTI ANTI GENERATION
作詞/ Lyricist: 野田洋次郎
作曲/ Composer: 野田洋次郎
発売日/ Release date: 2018.12.12
Language: 日本語/ Japanese

歌詞 | LYRICS

カッコつけてみたところで
世界は君のこと大して 見てはないから
心配はないから
下ろしたてのシャツも気付かれちゃいないから

ちょい待ち、そこでスネるのはよして
小3でそれは卒業よ よしよし
見られてもないなら 世界は放っておいて
好きなように 暴れてみせてよう

恥ずかしさ、難しさ、アホらしさを
山盛りの人生を

舌ったったったらずの夢を見せて
できるだけ無様なやつを見せて
苦笑われるくらいのやつで
叶えるにゃちょうどいいでしょう

舌ったったらずの夢を見せて
うざったったらしい声は無視で
苦笑われるくらいのやつで
いざ共に叶えにいこうかね

ママの夢のようにやっと儲かれた
子供頃は道路、道曲がれた
痛み隠すことをやっとばれた
君は彼女ダメやっと分かれた

俺は雪、雨、月、日と風だ
平成 5年 10月 12日生まれた
Up in apartments I was dreaming as a youngin’ though,
And as I write my thousandth song I’m finally coming up,

It’s been a pleasant day, I bout to blow it down,
I gave you pounds when you ain’t know the name you know me now.
I came in dirty khaki and jeans and cap, I sold you loud,
I took the trolley home and jotted down the coldest vows.

簡単に出来ないことやりたがる、これから…
宝を地面から探す、神様…
になれること狙って書く、今我慢…
して俺たちそら向かう

研ぎすましな感覚を 捨ててきてよ
洒落くさった能書きを
舌ったったったらずな恋がしたいんだ
それはもう無様ってもんじゃないやつ
バカ笑われるくらいのやつで
叶えるにゃちょうどいいでしょう

舌ったったらずの夢を見せて
うざったったらしい声は無視で
苦笑われるくらいのやつで
いざ共に叶えにいこうかね

舌ったったったったったったったらずの夢を
見せて
できるだけ無様なやつを見せて
苦笑われるくらいのやつで
叶えるにゃちょうどいいでしょう

舌ったったらずの夢を見せて
うざったったらしい声は無視で
苦笑われるくらいのやつで
いざ共に叶えにいこうかね

ローマ字 | ROMAJI

kakko tsukete mita tokoro de
sekai wa kimi no koto taishite mite wa nai kara
shinpai wa nai kara
oroshitate no shatsu mo kizukarecha inai kara

choi machi, soko de suneru no wa yoshite
shō3 de sore wa sotsugyō yo yoshi yoshi
mirarete mo nai nara sekai wa hōtte oite
suki na yō ni abarete misete yō

hazukashi-sa, muzukashi-sa, aho-rashi-sa o
yamamori no jinsei o

zetsuttattattarazu no yume o misete
dekiru dake buzama na yatsu o misete
warawareru kurai no yatsu de
kanaeru nya chōdo ī deshō

zetsuttattarazu no yume o misete
uzatta-ttarashī koe wa mushi de
warawareru kurai no yatsu de
iza tomo ni kanae ni ikō ka ne

mama no yume no yō ni yatto mōkareta
kodomo koro wa dōro, michi magareta
itami kakusu koto o yatto bareta
kimi wa kanojo dame yatto wakareta

ore wa yuki, ame, tsuki, hi to kaze da
Heisei go nen ju gatsu ju nichi umareta
Up in apartments I was dreaming as a youngin though
And as I write my thousandth song I m finally coming up

It s been a pleasant day I bout to blow it down
I gave you pounds when you ain t know the name you know me now.
I came in dirty khaki and jeans and cap I sold you loud
I took the trolley home and jotted down the coldest vows.

kantan ni dekinai koto yaritagaru, kore kara…
takara o jimen kara sagasu, kami-sama…
ni nareru koto neratte kaku, kon gaman…
shite ore-tachi sora mukau

togisumashina kankaku o sutete kite yo
share kusatta nōgaki o
zetsuttattattarazuna koi ga shitai n da
sore wa mō buzama tte mon ja nai yatsu
baka warawareru kurai no yatsu de
kanaeru nya chōdo ī deshō

zetsuttattarazu no yume o misete
uzatta-ttarashī koe wa mushi de
warawareru kurai no yatsu de
iza tomo ni kanae ni ikō ka ne

zetsuttattattattattattattarazu no yume o
misete
dekiru dake buzama na yatsu o misete
warawareru kurai no yatsu de
kanaeru nya chōdo ī deshō

zetsuttattarazu no yume o misete
uzatta-ttarashī koe wa mushi de
warawareru kurai no yatsu de
iza tomo ni kanae ni ikō ka ne

RECOMMENDED LYRICS