欅坂46 - アンビバレント

302号室 歌詞 小林由依、土生瑞穂 欅坂46 (Keyakizaka 46)

アルバム/ Album: アンビバレント
作詞/ Lyricist: 秋元康
作曲/ Composer: 小田切大
発売日/ Release date: 2018/8/15
Language: 日本語/ Japanese

KANJI LYRICS

引越しのトラックが来て
君が指示した荷物が運び出されて
僕は隅っこで眺めてるしかなかったよ

それなりに二年間の思い出くらいは
どこかにあるだろうけど
そんなあっさりと片付けられると切ない

だけどどっちがいけなかったか
誰も審判できない
金属疲労みたいに
恋だって終わるんだ

そこにあった君のベッドの形に
ジュータンが陽に灼けていた
あの頃と何も変わらないものなんて
僕たちにはあるだろうか?
(さよならだ)
部屋の合鍵 返さなくていい

風船ガム 膨らませて割れてしまうまで
退屈そうだったけど
君も色々と考えてたかもしれない

だってホントは強がり言って
涙 堪えてたんだろう
やっぱり嘘だよなんて
お互いに言えないし…

部屋が急に広く思えてしまった
失ったものに気づかされる
日常はいつも当たり前に過ぎ去り
愛という夢に自惚(うぬぼ)れる
(幻だ)
君の合鍵 どこかに捨てて

もし君がこの部屋に(この部屋に)
来たくなったら
どんな時もドアが開(あ)くように
鍵なんかかけない

そこにあった君のベッドの形に
ジュータンが陽に灼けていた
あの頃と何も変わらないものなんて
僕たちにはあるだろうか?
(さよならだ)
部屋の合鍵 返さなくていい

ROMAJI

hikkoshi no torakku ga kite
kimi ga shiji shita nimotsu ga hakobidasarete
boku wa sumikko de nagameteru shika nakatta yo

sore-nari ni ni nenkan no omoide kurai wa
doko ka ni arudarō kedo
sonna assari to katazukerareru to setsunai

da kedo docchi ga ikenakatta ka
dare mo shinpan dekinai
kinzoku hirō mitai ni
koi da tte owaru n da

soko ni atta kimi no beddo no katachi ni
jū tan ga hi ni yakete ita
ano koro to nan mo kawaranai mono nante
boku-tachi ni wa arudarō ka?
( sayonara da)
heya no aikagi kaesanakute ī

fūsen gamu fukuramasete warete shimau made
taikutsu sō datta kedo
kimi mo iroiro to kangaeteta ka mo shirenai

da tte honto wa tsuyogariitte
namida koraeteta n darō
yappari uso da yo nante
o tagai ni ienai shi…

heya ga kyū ni hiroku omoete shimatta
ushinatta mono ni kizukasareru
nichijō wa itsu mo atarimae ni sugisari
ai to yū yume ni unubore( u nu bo) reru
( maboroshi da)
kimi no aikagi doko ka ni sutete

moshi kimi ga kono heya ni( kono heya ni)
kitakunattara
donna toki mo doa ga Hiraki( a) ku-yō ni
kagi nanka kakenai

soko ni atta kimi no beddo no katachi ni
jū tan ga hi ni yakete ita
ano koro to nan mo kawaranai mono nante
boku-tachi ni wa arudarō ka?
( sayonara da)
heya no aikagi kaesanakute ī

RECOMMENDED LYRICS