RADWIMPS - ANTI ANTI GENERATION

PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~ 歌詞 RADWIMPS

アルバム/ Album: ANTI ANTI GENERATION
作詞/ Lyricist: 野田洋次郎
作曲/ Composer: 野田洋次郎
発売日/ Release date: 2018.12.12
Language: 日本語/ Japanese

歌詞 | LYRICS

ねぇねぇ お父さん、お父さん 今度の国語の宿題で
『お父さんのお仕事』って課題で明日までに作文書くの
みんなの前で発表もしなきゃで ほんとにイヤだけど頑張るよ
先生もみんなのお父さんの自慢を楽しみにしてるって

そうか、いいかい? お父さんの仕事は普通とはちょっと違う
大きな意味では世の中の人に娯楽を提供してるんだ
役者さん、ミュージシャン、スポーツ選手や著名人
家の前だとか仕事場でも どんなところだって張り付いて

その人の日々の監視をする そういう仕事をしてるんだ
そして何か悪さをしたり面白いことが起こったりすると
それをすかさず記事に書いて 世間のみんなに知らせるんだ
体力も根気もなきゃいけない とても大変な仕事なんだ

なにほざけ 盗撮、盗聴、尾行、張り込み
好きなだけやりたい放題 天誅下したつもりかね
してやったり顔が見え見えで
気持ちがね どうにもこうにも悪い

あんたらはどれだけ立派な人生なんだ?
どのツラさげてんなことしてんだ
倫理に反したあんたらが
なに「不倫だ、不純だ」言ってんだ

国家権力にゃヘコヘコします 弱いものイジメが板につきます
あんたの子供の頃の夢はまさか それじゃなかったよな?

知りたくもねぇ 必要もねぇ ただ誇り持ってそれしてんならねぇ
ドカドカ踏み込んでくる割にさ コソコソ逃げたりすんなやあんた
卑怯を絵に書いたあんたの言葉 薄っぺらすぎて悲しくなんさ

『君の名は。』の大ヒットが起こるとすかさず出てくるゲスなやつ
ポッと出で出てきたわけじゃねぇ こちとらメジャーで10余年
こんな変わり者の俺の音楽を待ってくれてるファンたちと
絆を一つずつ作り上げ 毎度アリーナツアーやってんだ、バカが

それがなんだ? 俺のとこなら100歩譲ったとしても
実家の親の家にへばりついて 堂々直撃してきたな
「息子さん、苦節10年 成功してよかったですね
親御さんとしてどうですか」 あんたの親にも聞いたろか
よかったですね 、息子さん 無事立派に大きく育たれて
朝から車の中で一般市民の家の前張り込んで
嫌がるのを無理やり話聞いて 許可も取らずに写真撮って
雑誌に載せて 稼いだ金で 今日も生きてる息子さんに

ひと言、何かありますか? ないですか ないわけないですよね
なくても聞いてくるのが 息子さん 絞り出してでも言ってごらん

お父さんすごいね お父さんがいないと困る人たちいっぱいいるね
やっぱかっこいいなお父さん いつまでも僕の自慢だよ

でもいいかい、中には父さんのこの仕事を馬鹿にしたり
軽蔑したりするヤツもいるんだ だけど父さんは負けないよ
父さんは胸を張って生きてる 求められるからやっている
父さんの仕事を楽しみにしてる人のために 頑張るよ

はいはい、自分の仕事に自信を持っているのは結構です
堂々と今日も 胸を張って生きてて何よりです
じゃあ尾行がバレてカメラ向けられても堂々と逃げず答えろや
カップルのフリで隣座って ストーカーばりに盗み聞くな

人間不信 情報不信 頭がおかしくなりかけた
それでもさ、笑うのか? あんたらにゃ何も伝わらんか
煽って報じるテレビがわりぃ こぞって食いつく世間がわりぃ
「求められるからやっている」? すごいね神様みたいだね

あんたのわずかなオマンマのタネに 世間のわずかな娯楽のために
抹殺された人々は それでも生きていくんだから

俺はやるべきことをやっている
君は恥ずべきことをやっている

恥ずかしくないと言うのなら 隠れず盗まず生きてろや
目を見て話ができなくて 何が堂々と生きてるだ

お父さん書いたよ、頑張ったよ 明日の発表楽しみだ
みんなの前で胸を張って 大きな声で読んでくるね

ありがとな ほんとにな お前は誇れる息子だな
そうだ、明日のことだけど しばらく休みもなかったし
一緒に遊んでやれなかったから 家族旅行にでも行こうか
だから学校は休んでいいぞ 先生たちには内緒でな

MUSIC VIDEO

ローマ字 | ROMAJI

nei nei o chichi-san, o chichi-san kondo no kokugo no shukudai de
『 o chichi-san no o shigoto』 tte kadai de asu made ni sakubun kaku no
minna no mae de happyō mo shinakyade honto ni iya da kedo ganbaru yo
sensei mo minna no o chichi-san no jiman o tanoshimi ni shiteru tte

sō ka, ī ka i? o chichi-san no shigoto wa futsū to wa chotto chigau
ōkina imi de wa yononaka no hito ni goraku o teikyō shiteru n da
yakusha-san, myūjishan, supōtsu senshu ya chomei-nin
ie no mae da to ka shigotoba de mo donna tokoro da tte haritsuite

sono hito no hibi no kanshi o suru sō yū shigoto o shiteru n da
soshite nan ka waru-sa o shi tari omoshiroi koto ga okottari suru to
sore o sukasazu kiji ni kaite seken no minna ni shiraseru n da
tairyoku mo konki mo nakya ikenai totemo taihen na shigoto na n da

nani hozake tōsatsu, tōchō, bikō, harikomi
suki na dake yaritai hōdai tenchū kudashita tsumori ka ne
shite yattari kao ga miemie de
kimochi ga ne dō ni mo kō ni mo warui

anta-ra wa dore dake rippa na jinsei na n da?
dono tsura-sa-ge te nna koto shite n da
rinri ni hanshita anta-ra ga
nani‘ furin da, fujun da’ itte n da

kokka kenryoku nya hekoheko shimasu yowai mono ijime ga ita ni tsukimasu
anta no kodomo no koro no yume wa masaka sore ja nakatta yo na?

shiritaku mo nei hitsuyō mo nei tada hokori motte sore shite n nara nei
dokadoka fumikonde kuru wari ni sa kosokoso nige tari sun na ya anta
hikyō o e ni kaita anta no kotoba usuppera sugite kanashiku nan-sa

『 kimi no na wa. 』 no dai hitto ga okoru to sukasazu dete kuru gesu na yatsu
pottode de dete kita wake ja nei kochitora mejā de10-yo nen
konna kawarimono no ore no ongaku o matte kureteru fan-tachi to
kizuna o hito-tsu zutsu tsukuriage maido arīna tsuā yatte n da, baka ga

sore ga nan da? ore no toko nara100 ho yuzutta to shite mo
jikka no oya no ie ni hebaritsuite dōdō chokugeki shite kita na
‘ musuko-san, kusetsu10 nen seikō shite yokatta desu ne
oya-go-san to shite dō desu ka’ anta no oya ni mo kīta roka
yokatta desu ne , musuko-san buji rippa ni ōkiku sodatarete
asa kara kuruma no naka de ippan shimin no ie no mae harikonde
iya-garu no o muriyari hanashi kīte kyoka mo torazu ni shashin totte
zasshi ni nosete kaseida kane de kyō mo ikiteru musuko-san ni

hitokoto, nan ka arimasu ka? nai desu ka nai wake nai desu yo ne
naku te mo kīte kuru no ga musuko-san shiboridashite de mo itte goran

o chichi-san sugoi ne o chichi-san ga inai to komaru hito-tachi ippai iru ne
yappa kakko ī na o chichi-san itsu made mo boku no jiman da yo

de mo ī ka i, naka ni wa chichi-san no kono shigoto o baka ni shi tari
keibetsu shi tari suru yatsu mo iru n da da kedo chichi-san wa makenai yo
chichi-san wa mune o hatte ikiteru motomerareru kara yatte iru
chichi-san no shigoto o tanoshimi ni shiteru hito no tame ni ganbaru yo

hai hai, jibun no shigoto ni jishin o motte iru no wa kekkō desu
dōdō to kyō mo mune o hatte ikitete nan yori desu
jā bikō ga barete kamera mukerarete mo dōdō to nigezukotaero ya
kappuru no furi de tonari suwatte sutōkā-bari ni nusumikiku na

ningen fushin jōhō fushin atama ga okashiku narikaketa
sore de mo sa, warau no ka? anta-ra nya nan mo tsutawaran ka
aotte hōjiru terebi ga warī kozotte kuitsuku seken ga warī
‘ motomerareru kara yatte iru’ ? sugoi ne kami-sama mitai da ne

anta no wazuka na o manma no tane ni seken no wazuka na goraku no tame ni
massatsu sareta hitobito wa sore de mo ikite iku n da kara

ore wa yarubeki koto o yatte iru
kimi wa hazubeki koto o yatte iru

hazukashiku nai to iu no nara kakurezunusumazuikitero ya
me o mite hanashi ga dekinakute nan ga dōdō to ikiteruda

o chichi-san kaita yo, ganbatta yo asu no happyō tanoshimi da
minna no mae de mune o hatte ōkina koe de yonde kuru ne

arigato na honto ni na omae wa hokoreru musuko da na
sō da, asu no koto da kedo shibaraku yasumi mo nakatta shi
issho ni asonde yarenakatta kara kazoku ryokō ni de mo ikō ka
da kara gakkō wa yasunde ī zo sensei-tachi ni wa naisho de na

SEE ALSO: RADWIMPS – そっけない 歌詞
RADWIMPS – IKIJIBIKI (feat.Taka) 歌詞

RECOMMENDED LYRICS