ハジ→ - 超ハジバム the FINAL。〜さらば平成〜

春夏秋冬。 歌詞 ハジ→ (Hazzie)

アルバム/ Album: 超ハジバム the FINAL。~さらば平成~
作詞/ Lyricist: ハジ→
作曲/ Composer: ハジ→
発売日/ Release date: 2018/12/5
Language: 日本語/ Japanese

歌詞 | LYRICS

また 会いたい人がいるから 僕らは歩き続けてく
花びら舞うこの場所で あの日のように 変わらぬままで

僕らの始まりから 実は 終わりに向かって続いている日々は
何食わぬ顔でいて 普段はそんなこと感じさせずに 流れてるんだ
ぼーっとしてたら 即 置いてかれるほど
時代の流れは 加速するばかりで
気づけばいつも 何かに追いかけられてる気がする

ああ どこへ向かっているのかすらも わからず歩いてる
なあ いつまで続くんだ こんな うんざりするような Every day
そんな心で 上見て生きること 見失っていた Rainy day が
ある日 変わって空に 虹がかかった
君に出逢ったんだ そう 君に出逢ったんだ

また 会いたい人がいるから 僕らは歩き続けてく
この命 ここにある限り 春夏秋冬 未来へ向かうよ
あの桜の木の下でした約束 きっと いつか果たそう
「またね。」
花びら舞うこの場所で あの日のように 変わらぬままで

自分のことばっかしか 考えれなかった時代もありました
でも 君から沢山 学びました
そして 君みたいになりたいって思いました
人は変われない なんて誰かは言うけど 僕はそうは思わない
だって 君と会ってこんな風に 変われた自分が居るからこそ言えるさ

本当に強い気持ち一つあれば 人生を変えられる
本当に愛し合える人が一人いれば それだけで幸せになれる
最愛のパートナーに めぐり逢うまでは Practice
人を信じ 裏切られたり 逆に裏切ってしまったりと やらかす過ち

人は完璧じゃないから 傷つけて 傷つけられて学ぶ
そして また さらに 優しい人になって
この世界の誰かにとっての 会いたい人になる
また 会いたい人になる

また 出逢いたい人がいるから 僕らは歩き続けてく
この命 ここにある限り 春夏秋冬 未来へ歌うよ
あの桜の木の下で また出逢える日まで 離れ離れ
「またね。」
花びら散るこの場所で あの日のように 変わらぬままで

あの日のように 君と笑って
あの日のように 夢を語って
あの日のように 抱き締め合って
あの日のように 互いを讃え合って

君とまた 出逢った時に 叶えたいことがたくさんありすぎて
言い尽くせないけど いくつ歳を重ねても 何も変わらない
決して変えられない 想いがあるんだ

また 会いたい人がいるから 僕らは歩き続けてく
この命 ここにある限り 春夏秋冬 未来へ向かうよ
あの桜の木の下でした約束 きっと いつか果たそう
「またね。」
花びら舞うこの場所で あの日のように 変わらぬままで

MUSIC VIDEO

ローマ字 | ROMAJI

mata aitai hito ga iru kara boku-ra wa arukitsuzuketeku
hanabira mau kono basho de ano hi no yō ni kawaranu mama de

boku-ra no hajimari kara jitsu wa owari ni mukatte tsuzuite iru hibi wa
nan kuwanu kao de ite fudan wa sonna koto kanjisasezu ni nagareteru n da
bōtto shitetara soku oite kareru hodo
jidai no nagare wa kasoku suru bakari de
kizuke ba itsu mo nan ka ni oikakerareteru ki ga suru

aa doko e mukatte iru no ka sura mo wakarazuaruiteru
nā itsu made tsuzuku n da konna unzari suru yō na Every day
sonna kokoro de ue mite ikiru koto miushinatte ita Rainy day ga
aru hi kawatte sora ni niji ga kakatta
kimi ni deatta n da sō kimi ni deatta n da

mata aitai hito ga iru kara boku-ra wa arukitsuzuketeku
kono inochi koko ni aru kagiri harunatsu akifuyu mirai e mukau yo
ano sakura no ki no shita deshi ta yakusoku kitto itsu ka hatasō
‘ mata ne. ’
hanabira mau kono basho de ano hi no yō ni kawaranu mama de

jibun no koto bakkashi ka kangaerenakatta jidai mo arimashita
de mo kimi kara takusan manabimashita
soshite kimi mitai ni naritai tte omoimashita
hito wa kawarenai nante dare ka wa yū kedo boku wa sō wa omowanai
da tte kimi to atte konna kaze ni kawareta jibun ga iru kara koso ieru sa

hontō ni tsuyoi kimochi hito-tsu are ba jinsei o kaerareru
hontō ni aishiaeru hito ga hitori ire ba sore dake de shiawase ni nareru
saiai no pātonā ni meguriau made wa Practice
hito o shinji uragirare tari gyaku ni uragitte shimattari to yarakasu ayamachi

hito wa kanpeki ja nai kara kizutsukete kizutsukerarete manabu
soshite mata sarani yasashī hito ni natte
kono sekai no dare ka ni totte no aitai hito ni naru
mata aitai hito ni naru

mata deaitai hito ga iru kara boku-ra wa arukitsuzuketeku
kono inochi koko ni aru kagiri harunatsu akifuyu mirai e utau yo
ano sakura no ki no moto de mata deaeru hi made hanarebanare
‘ mata ne. ’
hanabira chiru kono basho de ano hi no yō ni kawaranu mama de

ano hi no yō ni kimi to waratte
ano hi no yō ni yume o katatte
ano hi no yō ni dakishimeatte
ano hi no yō ni tagai o tataeatte

kimi to mata deatta toki ni kanaetai koto ga takusan arisugite
ītsukusenai kedo iku-tsu toshi o kasanete mo nan mo kawaranai
kesshite kaerarenai omoi ga aru n da

mata aitai hito ga iru kara boku-ra wa arukitsuzuketeku
kono inochi koko ni aru kagiri harunatsu akifuyu mirai e mukau yo
ano sakura no ki no shita deshi ta yakusoku kitto itsu ka hatasō
‘ mata ne. ’
hanabira mau kono basho de ano hi no yō ni kawaranu mama de

RECOMMENDED LYRICS