欅坂46 - 風に吹かれても

避雷針 歌詞 欅坂46 (Keyakizaka 46)

アルバム/ Album: 風に吹かれても – Single
作詞/ Lyricist: 秋元康
作曲/ Composer: ナスカ
発売日/ Release date: 2017/10/25
Language: 日本語/ Japanese

欅坂46 – 避雷針 KANJI LYRICS

遮断機 降りたままの開(あ)かずの踏切みたい
心を閉ざして僕をいつまで待たせるんだ?
君っていつも何か言いかけて 結局 言葉飲み込むよ

古着が好きなのは 知らない誰かになって
本当の自分隠して 演じてみたいだけ
今日の生き方も誰かのお古なのか どうせまたフリマ行き

どうでもいいけど…
どうでもよくないし…
どうにでもなればいい
毒にも薬にもならない日常はチクタクとただ繰り返す
無駄が僕たちの特権だって主張して…
勿体無い生産性がないとか大人から見れば腹立たしい?
君は何を放棄したんだ?
そして何を諦めたんだ?
でも強がって微笑む?
そんなに不幸に見えないのはなぜ?

君が気になってしまうよ
AH- 面倒臭いその存在
だって
誰も理解できない
ネガティブ ネガティブ ネガティブ
暗い目をしている
そんな不器用さを守るには
僕がその盾になるしかない
世の中の常識に傷つくのなら
君の代わりに僕が炎上してやるさ
いつだってそばで立っててやるよ
悪意からの避雷針

警報機 鳴りっぱなしで意思なんか通じない
上下線 何回 通り過ぎれば開(あ)くんだろう?
ずっと前から知っていたはずさ 電車なんか来ないって…

一人が楽なのは話さなくていいから
わかってもらおうなんて努力もいらないし…
何も関わらず 存在知られたくない フェードアウトしたくなる

それでもいいけど…
それでも息をして…
それでも生きてるし…
いくつの扉を閉めたり鍵を掛けて引きこもってじっとして
ただ儚(はかな)すぎるこの若さ萎(しお)れるまで
使い切れず持て余す時間 過保護な夢を殺すだけだ
僕は何に惹かれたの?
僕は何に期待するの?
僕も不幸に見えると言うのか?

無関心は味方だ
(君は感動のない眼差しで僕を見ていた)
いつだって味方だ
(信じることは裏切られること 心を開くことは傷つくこと
落雷のような悲しみに打たれないように…)

僕はどっち側にいるの?
AH- 扱いにくいその価値観
だから
きっと目が離せない
ポジティブ ポジティブ ポジティブ
君は君のままで…
どんな理不尽だって許容できるさ
気配を消して支える

重箱の隅を突(つつ)かれたって
僕が相手になってやる
平凡な日々を今約束しよう
ここにあるのは愛の避雷針

欅坂46 – 避雷針 ROMAJI

Shadan ki ori ta mama no hiraki ( a ) ka zu no fumikiri mitai
kokoro o tozashi te boku o itsu made mataseru n da?
kimi tte itsumo nani ka iikake te kekkyoku kotoba nomikomu yo

furugi ga suki na no wa shira nai dare ka ni natte
hontō no jibun kakushi te enji te mitai dake
kyō no ikikata mo dare ka no ofuru na no ka dōse mata furima iki

dō demo ii kedo?
dō demo yoku nai shi?
dō ni demo nare ba ii
doku ni mo kusuri ni mo nara nai nichijō wa chikutaku to tada kurikaesu
muda ga boku tachi no tokken datte shuchō shi te?
mottai nai seisan sei ga nai toka otona kara mire ba haradatashii?
kimi wa nani o hōki shi ta n da?
soshite nani o akirame ta n da?
demo tsuyogatte hohoemu?
sonnani fukō ni mie nai no wa naze?

kimi ga ki ni natte shimau yo
AH – mendōkusai sono sonzai
datte
dare mo rikai deki nai
negatibu negatibu negatibu
kurai me o shi te iru
sonna bukiyō sa o mamoru ni wa
boku ga sono tate ni naru shika nai
yononaka no jōshiki ni kizutsuku no nara
kimi no kawari ni boku ga enjō shi te yaru sa
itsu datte soba de tatte te yaru yo
akui kara no hiraishin

keihō ki nari ppanashi de ishi nanka tsūji nai
jōge sen nan kai tōrisugire ba hiraki ( a ) kun daro u?
zutto mae kara shitte i ta hazu sa densha nanka ko nai tte?

ichi nin ga raku na no wa hanasa naku te ii kara
wakatte morao u nante doryoku mo ira nai shi?
nani mo kakawara zu sonzai shirare taku nai fēdoauto shi taku naru

soredemo ii kedo?
soredemo iki o shi te?
soredemo ikiteru shi?
ikutsu no tobira o shime tari kagi o kake te hikikomotte jitto shi te
tada hakana ( wa kana ) sugiru kono waka sa i ( shi o ) reru made
tsukaikire zu moteamasu jikan kahogo na yume o korosu dake da
boku wa nani ni hikare ta no?
boku wa nani ni kitai suru no?
boku mo fukō ni mieru to iu no ka?

mu kanshin wa mikata da
( kun wa kandō no nai manazashi de boku o mi te i ta )
itsu datte mikata da
( shinjiru koto wa uragirareru koto kokoro o hiraku koto wa kizutsuku koto
rakurai no yō na kanashimi ni utare nai yō ni? )

boku wa docchi gawa ni iru no?
AH – atsukai nikui sono kachi kan
dakara
kitto me ga hanase nai
pojitibu pojitibu pojitibu
kimi wa kimi no mama de?
donna rifujin datte kyoyō dekiru sa
kehai o keshi te sasaeru

jūbako no sumi o kochu ( tsutsu ) kare ta tte
boku ga aite ni natte yaru
heibon na hibi o ima yakusoku shiyo u
koko ni aru no wa ai no hiraishin

RECOMMENDED LYRICS