BERRY GOODMAN - Spring Spring Spring

ベリーグッドマン (BERRY GOODMAN ) – おかん〜yet〜 Lyrics 歌詞

アルバム/ Album: Spring Spring Spring
作詞/ Lyricist: ベリーグッドマン
作曲/ Composer: ベリーグッドマン
発売日/ Release date: 2017/3/8
Language: Japanese

BERRY GOODMAN – おかん〜yet〜 KANJI LYRICS

今年 母の日にこの声で
今は亡き父に授かったこの声で
カーネーションを添えて
この歌を贈ります

ありがとう ありがとう
明日も明後日も
大好きなお母さん 幸せな姿見せたくて
でも当時 ぜんぜん売れないシンガー
とくにお金なくて苦しんだ時 実家で焼き魚
悔しさ込み上げて 泣きながら
今ではたまにライブに来て
まるでファンみたいに手を振って
小さくなった手を見ながら
もう歳だから
楽させてあげなきゃなって 心の中で泣いた

まだ頼りない男で
ずっとあなたの子供です
大きな心で いつも味方してくれたね
丸くなる背中を見て 小さな手を繋いで
照れくさいこの歌を 心を込めて歌うよ

年甲斐もなくオシャレに敏感で
自分が好きな赤色 カーキ色の服を着てると
「似合ってる」って褒めてくるところも笑っちゃう
いつも曲がったことが大嫌い
時間に厳しく 「挨拶は大切」
「人の痛みがわかる人になれ」と
おんなじ話を何度もしてたね
オカンは地元の喫茶店のスーパーヒーロー
いつもホットのブラックコーヒーを片手にトークショー
真っ赤な口紅がとれるまで喋ってる
親譲りの愛嬌ってやつは健在で
気づけば仲間が沢山
おっちょこちょいで不器用な性格も
「あたしに似たなんてホンマ贅沢よ」
ひとこと多いとこも涙もろいとこも
全部あなたに似たんです。

まだ頼りない男で
ずっとあなたの子供です
大きな心で いつも味方してくれたね
丸くなる背中を見て 小さな手を繋いで
照れくさいこの歌を 心を込めて歌うよ

伝えたい言葉が恥ずかしさで埋もれる
こんなはずじゃなかったのに
またぶつかってしまうんだ
朝から晩まで働いて愚痴なんか聞いたことなくて
僕に夢を託してあなたは見守る
料理洗濯に掃除嫌な顔一つせずにこなしてくれた
あなたの得意料理は僕の大好きなハヤシライス
傷つけることもあった
優しさに甘えてばっかの僕にできることはただ一つだけ
あなたの希望でいること

まだ頼りない男で
ずっとあなたの子供です
大きな心で いつも味方してくれたね
丸くなる背中を見て 小さな手を繋いで
照れくさいこの歌を 心を込めて歌うよ

BERRY GOODMAN – おかん〜yet〜 ROMAJI

Kotoshi haha no hi ni kono koe de
ima wa naki chichi ni sazukatta kono koe de
kānēshon o soe te
kono uta o okuri masu

arigatō arigatō
ashita mo myōgonichi mo
daisuki na okāsan shiawase na sugata mise taku te
demo tōji zenzen ure nai shingā
tokuni okane naku te kurushin da toki jikka de yakizakana
kuyashi sa komiage te naki nagara
ima de wa tamani raibu ni ki te
marude fan mitai ni te o futte
chīsaku natta te o mi nagara
mō toshi da kara
raku sase te age nakya natte kokoro no naka de nai ta

mada tayori nai otoko de
zutto anata no kodomo desu
ōkina kokoro de itsumo mikata shi te kure ta ne
maruku naru senaka o mi te chīsana te o tsunai de
terekusai kono uta o kokoro o kome te utau yo

toshigai mo naku oshare ni binkan de
jibun ga suki na akairo kāki shoku no fuku o kiteru to
‘niatteru’ tte home te kuru tokoro mo waracchau
itsumo magatta koto ga daikirai
jikan ni kibishiku ‘aisatsu wa taisetsu’
‘hito no itami ga wakaru hito ni nare’ to
onnaji hanashi o nan do mo shite ta ne
okan wa jimoto no kissaten no sūpā hīrō
itsumo hotto no burakku kōhī o katate ni tōku shō
makka na kuchibeni ga toreru made shabetteru
oyayuzuri no aikyō tte yatsu wa kenzai de
kizuke ba nakama ga takusan
occhokochoi de bukiyō na seikaku mo
‘atashi ni ni ta nante honma zeitaku yo’
hitokoto ōi toko mo namida moroi toko mo
zenbu anata ni ni ta n desu.

mada tayori nai otoko de
zutto anata no kodomo desu
ōkina kokoro de itsumo mikata shi te kure ta ne
maruku naru senaka o mi te chīsana te o tsunai de
terekusai kono uta o kokoro o kome te utau yo

tsutae tai kotoba ga hazukashi sa de uzumoreru
konna hazu ja nakatta noni
mata butsukatte shimau n da
asa kara ban made hatarai te guchi nanka kii ta koto naku te
boku ni yume o takushi te anata wa mimamoru
ryōri sentaku ni sōji iya na kao hitotsu se zu ni konashi te kure ta
anata no tokui ryōri wa boku no daisuki na hayashiraisu
kizutsukeru koto mo atta
yasashi sa ni amae te bakka no boku ni dekiru koto wa tada hitotsu dake
anata no kibō de iru koto

mada tayori nai otoko de
zutto anata no kodomo desu
ōkina kokoro de itsumo mikata shi te kure ta ne
maruku naru senaka o mi te chīsana te o tsunai de
terekusai kono uta o kokoro o kome te utau yo

RECOMMENDED LYRICS