JY - 恋をしていたこと

JY – 恋をしていたこと Lyrics 歌詞

Single: 恋をしていたこと
Lyricist: JY・山本加津彦
Composer: 山本加津彦
Release date: 2016/12/7

KANJI LYRICS

初めての恋をした日の
ドキドキはどこへ行ったの?
白く溶ける雪のように
消えてしまったわけじゃないよね?
二人にどんなことがあっても
もう一度手を繋ぐ日を決めようよ

きっとわたしも歳を取って
でもね その日だけは
魔法がかかるんだ

思い出すの
恋をしていたこと
手を伝って 胸が温もること
街の明かりも 雪の景色も
全部全部が 「好き」をまた彩るの
人を好きでいると
きっと魔法が降り注ぐの
永遠なんて言わないけど
あなたに恋をした夜でした

“トキメキ”って 現実を見たら
冷めちゃうってよく言うじゃない?
わたしのダメなところを見たら
かわいいなんて きっと思わない
呆れても 腹がたっても
好きでいることなんて できるのかな

あなたが おじいさんになった時
ちゃんと わたしだけは
隣にいてあげるから

思い出して
恋をしていたこと
もう一度 二人の目を合わせよう
聖夜が照らす 瞳の奥で
あの日のわたし きっと笑ってるから
愛を誓った夜に かけた魔法が降り注げば
全部全部 思い出すよ
優しい雪の降る夜でした

今日は手を
強く握ってください
一時も離さないでください
そのまま抱きしめてくれますか
二人の恋が 溶けてしまわない様に
人を好きでいると
きっと魔法が降り注ぐの
永遠に続く気がしたよ
あなたへ恋をした冬でした

ROMAJI

Hajimete no koi o shi ta hi no
dokidoki wa doko e itta no?
shiroku tokeru yuki no yō ni
kie te shimatta wake ja nai yo ne?
ni nin ni donna koto ga atte mo
mōichido te o tsunagu hi o kimeyo u yo

kitto watashi mo toshi o totte
demo ne sono hi dake wa
mahō ga kakaru n da

omoidasu no
koi o shi te i ta koto
te o tsutatte mune ga nukumoru koto
machi no akari mo yuki no keshiki mo
zenbu zenbu ga ‘suki’ o mata irodoru no
hito o suki de iru to
kitto mahō ga furisosogu no
eien nante iwa nai kedo
anata ni koi o shi ta yoru deshi ta

“tokimeki” tte genjitsu o mi tara
samechau tte yoku iu ja nai?
watashi no dame na tokoro o mi tara
kawaii nante kitto omowa nai
akire te mo hara ga tatte mo
suki de iru koto nante dekiru no ka na

anata ga ojīsan ni natta toki
chanto watashi dake wa
tonari ni i te ageru kara

omoidashi te
koi o shi te i ta koto
mōichido ni nin no me o awaseyo u
seiya ga terasu hitomi no oku de
ano hi no watashi kitto waratteru kara
ai o chikatta yoru ni kake ta mahō ga furisosoge ba
zenbu zenbu omoidasu yo
yasashii yuki no furu yoru deshi ta

kyō wa te o
tsuyoku nigitte kudasai
ichiji mo hanasa nai de kudasai
sonomama dakishime te kure masu ka
ni nin no koi ga toke te shimawa nai yō ni
hito o suki de iru to
kitto mahō ga furisosogu no
eien ni tsuzuku ki ga shi ta yo
anata e koi o shi ta fuyu deshi ta

RECOMMENDED LYRICS